“落合はバットの保管にことの他、気を遣った。ジュラルミンのケースに乾燥剤を入れて、湿気を防いでいたこともその一例といってもいいだろう。一見、豪放磊落(ごうほうらいらく)のように見える落合だが、自らの道具へのこだわりは並じゃなかった。そこにプロフェッショナルの気概が垣間見えた。
 再び担当者。「実はバットのコンディションを維持するというものも大切な技術の一つなんです。梅雨時には通常より30グラム以上、重くなってしまうこともあるくらいですから。だから梅雨時、若い人がバットを放り出したりしているのを見ると、心配になる反面、ガッカリしてしまいますね」仮に910グラムと思って振っているバットが、気づかないうちに940グラムになっていたとしたら重く感じるのは当たり前だろう。バットが水をふくんで重くなっていることなどつゆ知らず、ついフォームをいじったり、体力が落ちたと錯覚して意味のないトレーニングにすがり、余計にスランプの迷路にはまり込むことになる。この悪循環の中でもがき苦しんでいるバッターが、必ずどこのチームにも一人か二人はいるという。タイ・カップは、バットは「魔法の武器」と称えたが、一歩使い方を誤ると「自虐の武器」に覆してしまうものである。その意味では非常に厄介な存在なのだ。落合のようにまるで危険物にでも接するかのごとく丁重に取り扱ってちょうどいいのかもしれない。”

プロフェッショナル3 (via petapeta)

Source: park7.wakwak.com


“しかしながらネットは2007年ぐらいからはそんな崇高な理念など持っていない人々の遊び場になり、無法地帯となった”

コンテンツパクるの何が悪いの? の問題提起 2000年代中盤だったらまだ納得されていたかもしれない - 僕と花子のルンルン生活だヨ! (via katoyuu)

Source: blog.goo.ne.jp


1 2 3 4 5